2018.11.17

建築現場・オーナー様宅を見るべき理由

配線立会いのイメージ

建築「途中」の現場を見る意義

建築現場はその建築会社を表します。
大手メーカーや工務店でも現場が非常に散らかっていたり、汚かったり、近隣住民へのマナーが悪い会社はたくさんあります。
現場がちゃんとしている建築会社は品質も高いです。
現場がちゃんとしているということはちゃんと工期が進んでいる。
大工を始めとした職人が気持ちよく働いているということです。
これらができていない建築会社はやっつけ仕事をしていたり、欠陥が生まれやすいのです。
営業やPRでどんなきれいなことを言っていても実際の現場は嘘をつかないので絶対に見るべきです。

自分が建てたいサイズのお宅訪問を

注文住宅の失敗例でよく声が上がるのは「想像より狭すぎた・広すぎた」というイメージが付いておらず計画に失敗してしまったというご意見です。
リアルなイメージを持つために、素敵な大きいモデルハウスの見学だけでなく、リアルサイズの街角モデルや、等身大モデルハウスの見学も合わせてして頂く事がおすすめです。
見学までにはメジャーなどを購入して、今使っているものがどれくらいの大きさか、比べてみるとよりイメージしやすくなります。

オーナー様宅を見に行こう!

また、モデルハウスだけではなく、大きさが近いお家に住んでいるお友達や、ご親族のお家を見学させてもらう事も良いことです。
実際「このご家族はどう使っている?」を確認することで、自分たちの住まいづくりのアイディアにもつながります。
さらに、建築会社の選定という点でもおススメなのが
「ホームオーナー様(すでに、その建築会社で施工し終って住んでらっしゃるお客様)」のお家をご案内してもらうという事です。
もし検討中の建築会社で建てた方のお家に伺えれば、
・あなたが建てたときどんな様子だったか?
・失敗したことは何かあるか?
・成功したことは何かあるか?
など、よりリアルなお話を聞く事も出来るでしょう。
(また、検討中の建築会社さんの中で、不正当な理由で断る会社さんに警戒をすることもできます)

波多野工務店は現場に力を入れています

現場見学会を開催しておりますので
自慢の現場をぜひご覧になってください。
お問い合わせからご気軽に連絡ください。

現場きれい見学会のイメージ

最近のエントリー

アーカイブ

アーカイブ

航空ショー

2世帯住宅で節税するための注意...