2018.10.28

家がほしいと思ったら!ゼロからの注文住宅のだんどり

注文住宅を検討したいけど、何からしたらいいかわからない

「注文住宅を検討したいけど、何からしたらいいかわからない」
「実際に建てるまでにどんなことをしなくちゃいけないの?」
「見通しを立てたい」
という方はいると思います。

今回はざっくりとその流れを説明していきたいと思います。

1.いつまでにどうしたいか状況確認

いつまでに家がほしい?資金は?などの現状を把握しましょう。

しっかりとゴール・目標を決めまずは大雑把なスケジュールを立てていきます。

例えば
上のこの小学校入学までに入居する。
定年までに住宅ローン完済。
などいつまでにマイホームを実現したいのか決めましょう。

さらに、自分たちの貯蓄、用意できる資金や月々どれくらいローンが返済可能なのかなどの状況も把握しましょう。
ローンについては建築会社などに相談しても教えてもらえます。セミナー等に参加するのも良いでしょう。
親の援助が可能かなども打診しておきましょう。

2.土地の情報を集める

家を建てるために何が必要かなどを調べましょう。
土地を見つけなくてはなりません。
土地の探したり、専門家に相談したりと情報を集めます。
どのエリアに家を建てたいかなど決めていきます。

3.建設会社の情報収集をする

2.の工程に合わせてこちらの工程も進める必要があります。
どんな家を作りたいか、間取りなどざっくりと考えていきます。
上記の土地の検討と同時に予算がどれくらい必要かだいたいの目安を把握しておきましょう。

4.建築会社探しの前に

建築会社探しの前にどんな家を建てたいかの具体的な要望を整理しておきます。
要望が思い浮かばない方は気軽に展示場などに行ってみても良いでしょう。
部屋の数や間取り、階数、駐車スペースの有無などや
自然素材や外観のデザインなどこだわりやかなえたいことを家族で話し合っておきましょう。
その上で建築会社に相談しに行くと非常にスムーズです。
ただ、自分たちだけでまとまらない場合もあると思うので気軽に相談に行ってしまうのも有効な手段です。

5.建築会社探し

予算やプラン、インテリアの要望などに答えてくれそうな会社を探します。
WEBなどで会社の特徴などを確認し、実際に相談に行ってみましょう。

6.打ち合わせ・プランニング

候補となる会社が2〜3社上がったら面談のアポイントを取って具体的な打ち合わせを進めていきます。土地の有無や自分たちの状況、予算、いつまでに完成させたいかといったスケジュール、これまで整理してきたどんな家にしたいかといった要望を伝えるところからスタートします
モデルハウスを見たり、ホームオーナー見学会などを経て
後日、建築会社から出てきたプランや見積もり、会った担当者との相性で依頼する会社を判断します。

7.プランと見積もりを決めて契約、そして着工

建築会社が決まったら、建築会社と打ち合わせを重ねて間取りや外観デザインなど詳細プランをつめる。納得のいく契約を終えたらあとは家が建っていきます。地鎮祭や上棟式など契約後のだんどりは建築会社によって違うので、教えてもらいましょう。

最近のエントリー

アーカイブ

アーカイブ

ホルムアルデヒドと改建築基準法

高断熱・高気密の住宅のメリット