2018.6.13

全く想像できなかった!アトピーと電磁波アレルギーの知られざる関係

電磁波アレルギーをご存知ですか?

電磁波アレルギーとは
家電製品や家の配線などから発生する電気に反応して体が、普通のアレルギーと同じように湿疹がでたり、頭痛やめまい、鼻水などが出るアレルギーのことをいいます。日本ではあまり認知されていませんが、WHO(世界保健機関)も認めている病気です。電磁波過敏症とも言われています。


実際に電磁波アレルギーになった人の話を聞くまでは
知らなかったし、信じられませんでしたが、話を聞くとそれはとても切実で
さらに電磁波アレルギーの専門家からも話を聞くと

現代の日本では起こりうる現代病で全ての人に起こりうるものだと認識しました。

アトピーに良いとされるものは全てやった。でも治らなかった。

実際に電磁波アレルギーに出会った話をさせてください。
生後1歳未満の赤ちゃんにアトピーが出て悩んでいる親御さんがいました。
湿疹がひどく、お子さんを見るだけでとてもつらかったそうです。
奥さんは病院を周り、様々薬を試したそうです。
ステロイドも塗ったにもかかわらず全く改善の兆しが見えず
ネットや本で調べて、食生活を改善したり、できるだけのことはしていたそうです。

できる限りのことをしているにもかかわらず無情にもよくはならなかったそうです。

そこで、とある本を読み電磁波アレルギーの存在を知り、わざわざ遠方までその医師に会いに行って電磁波アレルギーと診断されたそうです。

住んでいた家がオール電化だったそうで、電磁波だらけの生活で、それが悪影響を及ぼしていると。
それを受けて、住環境を電磁波対策した家に移り、息子さんのアトピーは目に見えて改善した層です。

電磁波が皮膚に及ぼす影響

人間の体は電気が流れます。それはなんとなくご存知だと思います。
普段から静電気でバチッっとなった体験をしたことがありますよね?
そうです、人間は帯電しているのです。

ただ、中にはその電気に対して敏感な人がいます
また、近年、昔に比べ家の中の電気配線が5倍以上に増えました。
その影響で敏感な赤ちゃんや大人でも電磁波に敏感な人に発症してしまうのです。

詳細なメカニズムはまだ解明されていません。ただ、皮膚への影響を中心に症状があらわれるようです。

<電磁波アレルギーの主な症状>
皮膚
・チクチクした感覚
・灼熱感
・皮疹
・発赤
・ヒリヒリとした痛み

その他
・頭痛
・疲労
・精神的ストレス
・睡眠障害
・筋肉痛
・集中力の低下
・めまい
・吐き気
・動悸
・消化器の障害
・その他多くの健康問題

身の回りの電磁波アレルギーの原因となる家電など

身の回りで電磁波をたくさん発生させているものは、どんなものがあるのでしょうか?理解しておきましょう。

<電磁波をたくさん発生させるもの>
・電子レンジ
・洗濯機
・冷蔵庫
・IHクッキングヒーター
・ソーラー発電機
・パソコン
・携帯電話
・タブレット
・ルーター
・床下の配線などの住宅の目に見えない配線

波多野工務店のクインテットは電磁波にも取り組んでいます

まだ認知も少ない現代病である電磁波アレルギー。
波多野工務店のクインテットの注文住宅は電磁波対策にいち早く取り組んでいます。

例えば、通常の住宅の場合下の画像のように床下にたくさんの電気配線が張り巡らせてあります。
何も対策をしないと電気は床を伝って人体に流れます。

それを正電セラミックシートがアースの役割を担い人体に流れる電磁波を低減させるという技術です。

さらに他の電磁波対策についても
こちらに詳しく載せていますので、ぜひ御覧ください











波多野工務店のQUINTET(クインテット)は住む人の健康を第一に考えた注文住宅です。寿命が長くなった今、健康でいられる時間が長いという健康寿命が大切になってきています。ぜひお気軽にお問い合わせください。

最近のエントリー

アーカイブ

アーカイブ

驚愕!他人事ではない?入浴中の...

新築でペットで犬を飼いたい!愛...