2020.10.1

「平屋」人気♪検索数も着工数も上昇中!その魅力とは?

こんにちは。
今日は、「平屋」の家の魅力についてご紹介します!
最近は、スタイリッシュでデザイン性の高いものが多く、
若い世代でも平屋を希望される方が増えてきました。


検索サイトでのキーワード検索度も年々上がってきています。

平屋人気度のグラフイメージ

情報感度の高い人たちに、注目の住まいとしてとらえられているようです。

また、国交省発表の着工統計によると、
住宅着工棟数に占める「平屋」の割合は年々上昇し、
2018年度は約1割に達しました。
ここ数年シェア・棟数ともに上昇傾向にあります。

今回は、そんな平屋の魅力やメリット、注意点をご紹介します。

人気の理由…世帯の少人数化の影響

現在、1世帯当たりの人数は全国平均で2.5人を切っており、
大家族が少なくなってきています。
そのため大きな住まいより
ワンフロアのコンパクトな住まいを求められる方が増えています。

平屋のリビングのイメージ

ラクな生活動線と、コミュニケーションの取りやすさ

平屋は階段の上り下りがないので移動がラクです。
バリアフリーにすれば高齢になっても安心して
暮らすことができます(お掃除ロボも活躍しやすいですよ♪)。
また、各部屋が同じフロアなので目が届きやすく、
声もかけやすく、コミュニケーションがとりやすいです。

安定した構造・質の高い空間

平屋は2階がないため、
構造的に安定感のある建物が作りやすく、
揺れには比較的強いです。
また、低くて横に広いので、
建物にダイナミックな空間を導入しやすいのも特徴。
すべての部屋が地面から近く、庭とのつながりが
感じられ自然をいつも身近に感じられます。

平屋の庭のイメージ

メンテナンスのしやすさ

軒が低いので、屋根や雨樋、外壁等のメンテナンスが
しやすいのも特徴です。2階建てに比べて、
修繕時の足場を組む費用が抑えられます。

光が入る明るい空間

2階建てだと1階リビングには横からしか
光がとれませんが、平屋の場合は横や上から
開口部が大きく取れるので、1階リビングでも
ゆったりとした光が入る明るい空間をつくりやすいです。

平屋の注意点

平屋を建てるには、それなりの広い土地が必要となるため、
郊外で暮らすケースが多いです。
新型コロナウィルス感染症の影響により、
リモートワークが可能となった今、
注目を集める住宅のカタチとなっています。


 

平屋の魅力を知っていただけましたでしょうか?
平屋は、ライフスタイルや生活動線に合わせて
間取りを工夫しながら、長く住み続けられます。
平屋の新築を検討している方は、ぜひ波多野工務店へお任せください。

弊社の平屋の施工事例はこちらです。

最近のエントリー

アーカイブ

アーカイブ

コロナ禍での家づくり。ワークス...

犬山市・完成見学会 ご報告とお...