2020.7.7

水害の被災者になったら、すべきことは?

雨のイメージ

九州北部地方で記録的な大雨が降り、
川の堤防が決壊して広範囲に浸水し、被害が広がっています。
雨が断続的に降り続いており、
大雨特別警報が出されていない地域でも警戒が必要な状況です。
もし被災したら、すべきことはなんでしょうか?


まずは、写真を撮ることです!
写真を撮って被害状況を記録し、
「り災証明書」を取得することで、
公的支援だけでなく民間の保険の申請などにも活用できます。

撮影のポイント

建物全体の写真・なるべく4面

撮影はスマートフォンでもOK!
写真は市役所や町役場に提出します。
(印刷できないときはスマホ画面を提示すると
受け付けてくれる自治体もあります)

浸水した深さがわかるように建物から離れた場所から撮影

メジャーを使って浸水した深さを測定し、
メジャーの目盛りがわかるように近くに寄って撮影する。

被害箇所

被害箇所ごとに遠くからと近くからの2枚セットで撮影する。
危険な状況のときは撮影する必要はありません。
撮れる状況になったら、片付け前などに撮影しましょう。

例)外壁、屋根、基礎、内壁、天井、床、ドア、ふすま、
窓、キッチン、浴室、トイレなど

カメラとスマホのイメージ

今一度、いざというときのために、「り災証明書」について
住んでいる市町村の申請窓口、申請時に必要なもの、期限、
取得するまでの流れを確認しておきたいですね。

最近のエントリー

アーカイブ

アーカイブ

オンラインで着工式を行いました...

完成見学会の飾りつけをしました...