2019.5.7

心の健康は、質の良い睡眠から

こんにちは。
みなさまいかがお過ごしでしょうか。
ゴールデンウィークは、帰省された方、旅行に行かれた方、
家でのんびりと過ごされた方、ずっとお仕事で忙しかったという方など、
さまざまかと思います。

ゴールデンウィークや夏休みといった大型連休が明けると、
人により程度の差はあるものの、
なかなか集中できない、疲れやすく体がいつもだるいなど、
五月病と言われる症状が出る人も少なからずいるのではないでしょうか。
4月からの新しい環境への適応ストレスのために、
抑うつや不安を伴うことも多いとされています。

こういったことから心の健康を守るためには、「睡眠」がとても大事です。

睡眠のイメージ

良い睡眠をとるためのコツがあるので、2つご紹介します。

1つ目は、寝る前に体を温めることです。
夕飯に体を温めるものを食べ、
夕飯後に軽い運動をして、お風呂にゆっくり入り、
寝る前にホットミルクを飲む。
この動作により、いったん上がった体温が下がる時に、
自然と眠りに入りやすくなります。

飲み物のイメージ

2つ目は、朝の太陽の光を浴びることです。
目覚めたときに日光を浴びて、できれば散歩やスクワットをしてみてください。
うつを防ぐ作用があると言われる、「マイオカイン」が分泌されるそうです。
マイオカインは、筋肉を動かすと分泌されるホルモンで
若返りのホルモンとしても注目されています。

散歩のイメージ

一日を楽しく過ごすためにも、
「睡眠」をしっかりと取れる環境づくりが大切です。

お家づくりを考えているお客様の中には、「睡眠」や「健康」について
関心が高い方も多くいらっしゃると思います。

家族の幸せや、健康で快適な暮らしを送るためにも、
改めて「質の良い睡眠」の取れる健やかな家づくりを考えてみませんか?

最近のエントリー

アーカイブ

アーカイブ

母の日ギフトワークショップ開催...

ゴールデンウィークにおすすめの...